ガリンシャが1962年バロンドールに相応しい理由を考察 - サカなん

サッカーのデータ一覧 > バロンドール > リエバリュエーション・バロンドール > ガリンシャが1962年バロンドールに相応しい理由を考察

 

バロンドールは元々、欧州年間最優秀選手賞として1956年に作られた。それから1994年までの39年間はヨーロッパ国籍の選手限定のまま表彰を続けていた。1995年に初めて、UEFAに加盟するクラブチームに所属しているという条件付きではあるが、対象者の国籍を問わないことになった。2007年からは、UEFAに限らず、全世界のリーグも対象となり、晴れて「世界年間最優秀選手賞」の扱いになったのである。とは言え、ワールドクラスの選手がヨーロッパのリーグに一堂に会する現代のサッカー界なのだから、1995年からでも実質「世界年間最優秀選手賞」と言って差し支えないだろう。

このような歴史的背景から、バロンドールを創立したフランス・フットボール誌は、2016年のバロンドール60周年に際し、1994年以前の受賞者を再度評価し直した。つまり、「創立当初からバロンドールが全世界の選手を対象にしたものだったら受賞者は誰になっていたか」を仮想したのだ。その内12回が、再評価の結果、正規の受賞者とは別の選手が受賞に相応しかったという結論に至った。

12回の内の一つ、1962年バロンドール。正式な受賞者は、チェコスロバキア国籍のヨゼフ・マソプストだ。しかし、フランス・フットボール誌は、ブラジルのガリンシャが受賞に相応しかったと認定した。ここでは、その理由を考察していく。

 

正式な受賞者 再評価された選手
選手 ヨゼフ・マソプスト ガリンシャ
国籍 チェコスロバキア ブラジル
所属 デュクラ・プラハ(チェコスロバキア) ボタフォゴ(ブラジル)
ポジション

MF

FW

チーム

タイトル

・チェコスロバキアリーグ優勝

・リオデジャネイロ州1部リーグ優勝

・リオ・サンパウロリーグ優勝

FIFAワールドカップ優勝

主な個人

タイトル

 

・リオデジャネイロ州1部リーグ最優秀選手賞

・リオ・サンパウロリーグ最優秀選手賞

FIFAワールドカップ最優秀選手賞

FIFAワールドカップ得点王(6試合4得点)

その他

要素

FIFAワールドカップ準優勝

FIFAワールドカップ最優秀選手2位

 

 

続きを読む >>